がん検診・PET検査・健康診断【日本医大健診センター】

がんを早期発見できるPET検査を日本医科大学健診医療センターで受けよう!

日本医科大学健診医療センターが行っているPET検査は、それまでのがんの検査方法とは異なる、画期的な検査方法です。PET検査では、がん細胞が正常細胞と比べ3~8倍も多くブドウ糖を取り込むという特徴を生かし検査を行います。

体内に、ブドウ糖と同様の性質を持つ薬剤であるFDGという元素を投与し、がん細胞が投与されたFDGを集めるように仕向けるのです。そして、PET/CT撮影を行った後、PET画像とCT画像を重ね合わせることで、FDGが集積された部位があるか否かを調べ、がんがあるかないかを調べます。このPET検査は、入院する必要がなく日帰りで受けることができ、検査後一週間ほどで検査結果が出ます。

PET検査でわかる2つのメリットとは

ここまで、PET検査について紹介してきました。では、PET検査のメリットはどのようなものでしょうか?

がんの早期発見が可能になる点です。従来の検査方法(レントゲンなど)では、がんが成長し腫瘍ができてから初めて癌であると気づく場合が多かったのですが、PET検査なら発見が困難だった微小ながん細胞でも発見できるのです。これにより、がんを早期に発見、治療することができます。

全身を検診することができることです。投与されたFDGは、ほぼ全身に行き渡るので、一度の検査により全身でがんがあるか否かをチェックすることができます。これなら、簡単に詳しく検査ができるので、とても便利な検査方法なのです。

日本医科大学健診医療センターの特徴は?

日本医科大学健診医療センターでは、PET検査を行っていますが、このセンターにはどんな特徴があるのでしょうか。最も大きな特徴は、PET検査によって得られたデータの解析や診断、報告書の作成を日本医科大学の専門医が行うことです。そのため、信頼性が高く、安心してPET検査を受けることができるでしょう。

また、日本医科大学健診医療センター内部は、清潔で広々とした空間となっており、PET検査のため来院した方にとってリラックスできるような環境が作られています。PET検査においても、全身PET検査だけでなく、頭部MRI検査などのオプションがついた検査コースなどが合計5コース用意されており、目的に応じたコース選択が可能になっているのです。

がんは、早期発見が何よりも重要になりますから、早期発見を期待できるPET検査はぜひ受けるべきです。日本医科大学健診医療センターなら、信頼できる専門医のもと快適な空間で検査を受けることができますから、PET検査を受けてみたいと思われた方がいましたら、是非日本医科大学健診医療センターでPET検査の申し込みをするとよいでしょう。

以上、がんを早期発見できるPET検査を日本医科大学健診医療センターで受けよう!…のがん検診・PET検査・健康診断【日本医大健診センター】に関するニュースでした。

まだがん検診・PET検査・健康診断【日本医大健診センター】への口コミの投稿はありません。
口コミ投稿は「ペット商品口コミ投稿フォーム」からお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ