部屋の雰囲気とおしゃれな洋服で愛犬と一緒に暮らす

本来裸で生活してきた犬に服を着せるのは、暑さや寒さなどから体を守るため、傷口を保護するため、皮膚の汚れを防ぐため、と3つの理由があります。その他にも、実際に着せるときの注意点や、部屋の雰囲気に馴染むペットグッズの選び方について、詳しく見ていきましょう。

愛犬に服を着せるのは体を守るため

ワンちゃんに服を着せることは、オシャレのためだけではありません。その理由は大きく分けて3つです。1つずつ、順番にご紹介します。

毛が短い短毛種や、シベリアンハスキーなどの寒い地方出身の犬は、暑さや寒さに弱いという特徴があります。寒さに弱い犬には体を温めるものを、暑さに弱い犬には保冷効果のあるものを着けることで、体温調節ができます。真夏の紫外線から皮膚を保護し、炎症などを防ぐ効果もあるので、飼い主さんも安心ですね。

怪我や手術痕がある場合は、ワンちゃんが痒がったり痛がったりして、傷口を広げてしまうことがあります。衣類を身に着けることで傷口を保護し、体をカバーするという役割があります。また、散歩のときに、傷口にばい菌が入るのを防ぐ効果もあります。

雨の日の散歩では、レインコートなどが活躍します。ワンちゃんは天気に関係なく散歩をしたがるので、濡れたり汚れたりすることを防ぐためにも、衣類で体をカバーしましょう。レインコートなどを着ていれば、散歩しても体は汚れないので、シャンプーなどのお手入れは不要です。ワンちゃんの皮膚に余計なダメージを与えず、飼い主さんの手間も省くことができます。

愛犬に服を着せるときはこの3つに注意!

犬は裸で生活してきた動物なので、衣類を身に着けることを嫌がります。そんなワンちゃんに洋服を着せるときに、注意したい点は3つあります。

1つ目は、最初はノースリーブタイプのものを着せて、慣れてきたら徐々に面積が大きいものにするということです。いきなり長袖のものや装飾品が多いものにすると、慣れていないので嫌がります。衣類を身に着けることそのものがイヤになってしまう可能性もあるので、最初は布の面積が少ないもので試してみましょう。

2つ目は、服を着たときに褒めてあげたり、かわいがったりすることです。そうすると、服を着ると良いことがある、というイメージがつくので、抵抗感が薄れます。ワンちゃんは褒められるのが大好きなので、おやつをあげたり一緒に遊んであげたりしましょう。また、散歩のときに衣類を身に着けることを習慣にすると「服を着ること=大好きな散歩に行ける」というイメージが定着して、着替えもスムーズになります。

3つ目は、天然素材のものを選ぶということです。犬は毛の多い生き物なので、ポリエステルなどの化学繊維で作られたものを着ると、脱いだときに静電気が起こります。犬は静電気が大嫌いなので、これだけで衣類を身に着けることを嫌いになってしまいます。コットンや麻などの素材なら、静電気も起きず、汚れても簡単に洗うことができます。

部屋の雰囲気を邪魔しないものを選ぼう

ワンちゃんのベッドや専用スペース、トイレなど、ペットグッズにはいろいろな種類のものがあります。でも市販のものでは、部屋の雰囲気にマッチしないものもありますよね。

たとえばワンちゃん用のベッドは、カーテンと同じ柄や色に合わせると、統一感が出てスッキリします。カーテンは、それだけで部屋の印象を決めるほど存在感があるので、同じ生地でベッドを手作りするのも素敵ですね。

ワンちゃん用のスペースとして、階段の下のデッドスペースや玄関に近い場所などをゲートで区切るなど、いろいろと工夫をしている飼い主さんも多いですよね。限られた空間の中では、場所を確保するのも大変です。テントハウスなら、省スペースなので置く場所を選びません。移動もテントごと動かせるので簡単です。デザインも豊富なので、部屋の雰囲気に合ったものを選びましょう。

最も飼い主さんの頭を悩ませているのは、トイレです。トレーだけだと、あからさまにトイレだということがわかるので、部屋の雰囲気から浮いてしまいます。突然の来客のときは、隠す場所もないので慌ててしまいますよね。ボックス型のものやアクリル板で三方が囲われたものなど、あえて「見せる」デザインのものを選べば、見た目も良く、ワンちゃんも安心して用を足すことができます。これなら、急な来客にも対応できますね。

愛犬に服を着せるのはオシャレだけではなく、体温調節や皮膚の保護など、体を守るための大きな役割があります。初めて服を着せるときは、袖なしのタイプから試して、徐々に慣れさせることが大事です。衣類の素材は静電気が起きないような、コットンや麻などの天然のものを選びましょう。ベッドやトイレなどは、手作りや「見せる」デザインのものを選べば、部屋の雰囲気にもマッチします。かわいいペットとの生活は、服やインテリアにもこだわりたいですね。

以上、部屋の雰囲気とおしゃれな洋服で愛犬と一緒に暮らす…のペットに関するニュースでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ