ペットに困った噛み癖に効果がある商品

最近はメディアでペットによる咬傷事故をよく見かけますが、そうなるまえにきちんと対処しなくてはいけません。

噛み癖と月齢について

ワンちゃんが子犬の時期の場合は生え変わる時期に口内の違和感で噛み噛みしてきたり、遊びに夢中にかって噛んでしまう事もあります。
けれど、成犬になった時には恐怖心や怒りのタイミングで噛み癖が出てしまったり、縄張り意識で噛み癖が出てしまいます。
小さい頃に噛み癖をしつける事が一番なのですが、どの様にして良いか分からない人が多いのも実際です。
どの様な状況で噛んでくるのかを把握する事が大切なのです。

噛んでNGなものを噛んだ時には罰を与える

噛んでダメだと教えた時に我慢している場合には沢山褒めてあげましょう!
そうすれば噛むのを止めれば褒めてもらえるという事に繋がります。
噛んできたら声を出してしかったり、無視をする事でだめな事だと教えましょう。
トレーニング方法としてはロープなどのおもちゃを活用すると良いですね。
引っ張り合いをして飼い主の立場が上だと遊びの中で覚えていくので自然です。

【噛み癖直しに役立つグッズ】

Pompreece(ポンポリース)デンタルTOYロープ

こちらの商品は壊れにくいのでやんちゃなワンちゃんにも適しています。
またデンタル効果もあるので一石二鳥の優れた商品です。
色や形も種類は豊富ですので、ワンちゃんの好みに合わせたものを選ぶと良いですね。

PLATZ(プラッツ)のビターアップル

ワンちゃんに噛まれたくない部分にスプレーすれば苦味成分で自然と噛まなくなります。
製品名にもありますが、りんご成分で作られていますから舐めてしまっても心配はいりません。
少量タイプで試してみて効果がありそうなら大容量タイプに変えても良いと思います。

ヘッドカラー

色々試したが直らないという場合にはヘッドカラーが効果的です。
ジェントルリーダーというヘッドカラーは値段もお手ごろで2000~3000円前後で購入できます。
噛み付いたり引っ張ったりした時に口が閉まって噛めなくなるという商品です。

口輪と似ていて嫌がりますが、噛み付く=口が閉まる=不愉快=NG行為と認識させれば噛み癖を改善できます。
ですが、長時間使用するものではありませんので使用時間はきちんと守りましょう。

こちらでご紹介した商品は噛み癖による問題行為をしつける為に効果的な商品です。
先にも述べたように、幼犬の頃の噛み癖と成犬になってからの噛み癖とでは理由が全く違います。

乳歯が生え変わった頃を目処に遊びやグッズを取り入れていく事でワンちゃんにもストレスがなく自然と噛み癖を直す事ができますので、是非噛み癖に困っているという方はこうしたグッズを活用して頂きたいと思います。

以上、困った噛み癖に効果がある商品…のペットに関するニュースでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ