ピッコロ

シニア犬になったら栄養に優れたピッコロで長生きをさせたい!

犬は人間と比べると、目で見ただけでは、老化がはっきりとわかりません。

言葉を発することができない分、老化現象を見落としてしまい、具体を悪くしたり、怪我をさせてしまったり、後で後悔をする飼い主さんも多くいます。

だいたい、犬が8歳を超えるとシニア犬の仲間入りになります。

まだまだ、元気そうだからと自分で判断をしないで、8歳を過ぎたら、シニアにそった環境で育てていくのが大切になります。

自分達の愛犬を長生きさせるコツには、毎日の食事、運動、身体のサインに気をつけることです。
この3つは人間と同じですね。

毎日食べる食事で、シニア犬になると、変化が現れてきます。

食欲にムラがでてきたり、食事に興味がなくなってきたり、好きな物の好みが変わってきたりします。

また、上手に食べられなくなっていくので、食欲が落ちて元気がなくなっていくこもあります。

毎日の食事で、このような変化が現れてきたら、シニア犬用の高タンパク、低カロリーの食事に切り変えた食事にすると、愛犬の健康状態もよくなり、寿命も長くなります。

ピッコロの詳細はこちら

犬の寿命を長くするには、食事が一番大きいので、しっかりとしたドックフードを選ぶ必要があります。

シニア犬には栄養がたっぷりのピッコロ

ピッコロには、りんご、グルコサミン、コンドロイチン、MSM、さつまいも、マリーゴールドの栄養素がたっぷりとはいっています。

りんごは、ビタミンA、Cや食物繊維が豊富なので、運動不足の犬でも、スマートな愛犬になります。

さつまいもは、老犬に向いている優しい炭水化物で、マリーゴールドは、愛犬の体の中から活力を与え、健康を維持することができます。

歳をとると犬も足腰が弱り関節の痛みが生じて、散歩や立ち上がりが困難になってくるのですが、ピッコロにはグルコサミンやコンドロイチンがたっぷりと含まれているので、ずっと元気に走れるような身体作りをサポートしてくれます。

>>ピッコロの詳細を見る方はココからお入り下さい<<

高齢なシニア犬は良質なタンパク質をしっかり補う

犬もタンパク質が減ると、筋肉が衰えていき、免疫低下が下がったり、がんになるリスクが高まります。

このようなリスクを予防するには、シニア犬でもたくさんのタンパク質が必要になってきます。

ピッコロのタンパク質の配合は、チキンとサーモンが70%と割合が高く、臭いがとても良いので、好き嫌いが激しくなったシニア犬でも、食いつきがとても良いドックフードになっていて、どんなシニア犬でも、喜んで食べることができます。

ピッコロを詳しく見てみる

運動が減るシニア犬には、カロリー、脂質控え、ヘルシーに

シニアになると、運動量が減ります。運動をすることが少なくなってきますが、美味しいものを食べしてあげたいと思う飼い主の気持ちを考えたピッコロは、栄養バランスがしっかりしているのに、脂質は15%抑え、味は美味しく、シニア犬の健康を維持する食事のサポートができます。

>>ピッコロを購入する方はこちら<<

徹底した品質管理で安心、安全のこだわりピッコロ

愛犬の口にする食べ物は、誰でも飼い主さんにとっては一番きになることではないでしょうか。

ピッコロの原材料のチキン、サーモン、野菜やフルーツは、100%天然の素材を使っていて、飼い主が心配する化学物質などの、香料や着色料の添加物は一切含まれていません。

保存料も、自然の保存料ミックストコフェロールを使っているので、愛犬の身体にも負担がかからないので、安心して食べる事ができるドックフードです。

ピッコロは、材料から製造の管理は、徹底した国際規格のSAI GLOBALランクAを取得した工場で作られているので、絶大な信頼のあるドックフードとなっています。

ご家庭の愛犬がシニア犬になったら是非、シニア犬に必要な栄養素がたっぷりと詰まった安心で安全なドックフードを選び、残りの愛犬の命をしっかりまもりながら、幸せな生活を送ってください。

>>ピッコロの販売サイトはこちら<<

まだピッコロへの口コミの投稿はありません。
口コミ投稿は「ペット商品口コミ投稿フォーム」からお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ